夫婦共稼ぎ 厚生年金加入の場合 片方が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?

夫婦共稼ぎ 厚生年金加入の場合 片方が死亡した場合、遺族年金を受給できますか? 年収は、妻の方が多かったです。
 
 


回答


妻が死亡した当時の夫の年齢と年収額によって遺族厚生年金が支給されるかどうかが決まります。
受給者として満たさなければならない要件は次の通りです。


【受給要件】
・年齢が55歳以上であること。(遺族厚生年金が支給されるのは60歳からです。)
・妻に生計を維持されていたこと。

生計を維持されていたということは、扶養されていたという意味ではなく
生計維持関係があったかどうかは次のことから判断します。

・夫の年収が850万円未満であるか。
・夫は妻と生計をともにしていたか。

同居していて、年収が850万円未満であれば、問題はありません。

妻が遺族となった場合には、年齢による制限はないので、すぐに受給できます。

  
シニア

 
 
※法律の改正などにより最新の情報と異なる場合があります。
 
遺族年金 相談 お問い合わせ

社会保険労務士事務所 オフィスエール(名古屋市 あま市 愛西市 甚目寺町)HP→

コメント
コメントする








   

メニュー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    山田
  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    ハクビ

運営

社労士 やまだのブログ

サイト内を検索する

RSS フィード

mobile

qrcode