障害等級3級の障害厚生年金の受給権者が死亡した場合、遺族年金もらえますか?

障害等級3級の障害厚生年金の受給権者が死亡した場合、遺族年金もらえますか?



回答


遺族年金の支給要件として下記の要件のいずれかに
当てはまれば、遺族年金は支給されます

【遺族厚生年金の支給要件】
1.厚生年金保険に加入中に死亡したとき。
2.厚生年金保険を脱退後、加入中に初診日のある傷病によって、初診日から5年以内に死亡したとき。
3.障害等級1級または2級に該当する障害状態にある障害厚生年金の受給権者が死亡したとき。
4.老齢厚生年金をもらっている人または老齢厚生年金をもらう権利のある人が死亡したとき。


障害等級3級であっても、1、2、4のいずれかに当てはまっていれば
遺族厚生年金は支給されます。

障害等級1級、2級に該当する人は
仕事に付くことが困難な場合が多いだろうと想定されます。

したがって、厚生年金に加入することが出来ないであろうという
理由から、3の要件が設けられました


 
※法律の改正などにより最新の情報と異なる場合があります。
 
遺族年金 相談 お問い合わせ

社会保険労務士事務所 オフィスエール(名古屋市 あま市 愛西市 甚目寺町)HP→

コメント
コメントする








   

メニュー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    山田
  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    ハクビ

運営

社労士 やまだのブログ

サイト内を検索する

RSS フィード

mobile

qrcode