夫の遺族厚生年金を受給している私(妻)の60歳以降の自分の年金は?

私(妻:無職58歳)は亡くなった夫の遺族厚生年金を受給しています。
これから60歳になると、自分の特別支給の老齢厚生年金が、
65歳からは老齢基礎年金+厚生年金が支給されると思うのですが、
遺族厚生年金をもらっていても自分の年金をもらえるのでしょうか?
 

夫の遺族厚生年金の受給と、60歳からの年金



60歳になれば、厚生年金に1年以上加入していた人は「特別支給の老齢厚生年金」の受給権が発生します。

このとき、遺族厚生年金をもらっている人については、60歳以降も遺族厚生年金をもらい続けることになりますが、
自分自身の特別支給の老齢厚生年金の受給が有利という場合には、年金を選択し直すことができます。

「特別支給の老齢厚生年金」は課税対象ですが、「遺族厚生年金」は課税対象ではないという点も、考慮に入れて考えましょう。

 

夫の遺族厚生年金の受給と、65歳からの年金



平成19年4月からは、配偶者の死亡による遺族厚生年金を受ける65歳以上の方については、 まず自分の老齢厚生年金が全額支給され、 配偶者が死亡したことによる遺族厚生年金と自分自身の老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給されることになりました。


 
 
 
遺族年金 相談 お問い合わせ

社会保険労務士事務所 オフィスエール(名古屋市 あま市 愛西市 甚目寺町)HP→

コメント
コメントする








   

メニュー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    山田
  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    ハクビ

運営

社労士 やまだのブログ

サイト内を検索する

RSS フィード

mobile

qrcode