不倫相手との間に生まれた子供への遺族年金はどうなりますか?

私(夫:会社員)は、本妻との間に小学生の子がおり、独身女性との間にも子供がいます。私に死んだ場合、遺族年金はどのようになりますか?
 

この場合の遺族年金の流れ


1:本妻へ遺族厚生年金と遺族基礎年金
2:不倫相手の子への遺族基礎年金及び、遺族厚生年金
3:本妻へ遺族厚生年金

という流れでの支給となります。
 

遺族年金と受給権者と支給停止


遺族年金は、受給権者になれる要件があれば受給権者になることはできます。
しかし、支給停止事由等に該当することによって、受給権者である期間確実に年金が
もらえるわけではなく、あるときは年金の支給が行われ、あるときは支給がストップされます。


遺族年金の受給権者とは?


妻の収入要件等が問題ないとすれば、この場合、本妻の子供は小学生なので、国民年金の遺族基礎年金と厚生年金の遺族厚生年金両方の受給権が発生します。

また、不倫相手の女性の子供においても、子供を認知して生計費の負担をしていれば、不倫相手の子供に対して遺族基礎年金の受給権が発生します。


1:本妻へ遺族厚生年金と遺族基礎年金


まず、遺族厚生年金の支給順位は

1:子のいる妻
2:子
3:子のない妻

です。

遺族基礎年金は本妻と不倫相手の子の両方が受給権を得ます。

まったくの同条件の場合、支給順位は「本妻 > 内縁」となりますので、まずは本妻の妻へ遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給され、不倫相手の女性の子供への遺族基礎年金は支給停止となります。


2:不倫相手の子への遺族基礎年金及び、遺族厚生年金


不倫相手の子(亡き夫が認知している場合に限る。)が遺族基礎年金及び、遺族厚生年金の受給権を得る。
※ただし、当該者(不倫相手の子)が、不倫相手と同居している場合は、遺族基礎年金は支給停止され、遺族厚生年金のみ支給される。
※なお、この時点での本妻に関する遺族年金の権利関係は次のようになる。

(1)遺族厚生年金は、支給停止となる。(権利は発生している状態)
(2)本妻の遺族基礎年金は、本妻の子(本妻と同居している場合)の全員が、原則として高校を卒業しているので失権する。



3:本妻へ遺族厚生年金


不倫相手の女性の子供が高校を卒業すると、遺族基礎年金は支給されなくなります。

そして今度は本妻と不倫相手の女性ともに「子のない妻」となりますので、遺族厚生年金が本妻へ支給されるようになります。

 
 
遺族年金 相談 お問い合わせ

社会保険労務士事務所 オフィスエール(名古屋市 あま市 愛西市 甚目寺町)HP→

コメント
コメントする








   

メニュー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    山田
  • 離婚した夫が死亡した場合、遺族年金を受給できますか?
    ハクビ

運営

社労士 やまだのブログ

サイト内を検索する

RSS フィード

mobile

qrcode